ちょっとした備忘録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【osx86】ThinkPad X220にEl Capitanをインストールする(インストールUSB作成編)

最近ジャンク屋で購入したX220で、OS X 10.11 El Capitanが動作する夢を見ましたので、記録を残しておきます。

※あくまでも夢の話です

 

OS X 10.10(Yosemite)以前のOS Xが動作する環境が必要です。ここではOS X 10.9(Mavericks)を使っています。

AppStoreより、El Capitanをダウンロードします。

f:id:ymdtr519:20160614185925p:plain

ダウンロードが終了したらアップデートせずにそのまま終了して下さい。

f:id:ymdtr519:20160614190057p:plain

USBメモリ(16GB以上を推奨)を用意して、これをインストールUSBにしていきます。

USBメモリをフォーマットします。

f:id:ymdtr519:20160614190514p:plain

「オプション」ボタンを押して、GUIDパーティションテーブルを選択し、「OK」ボタンをクリックします。

f:id:ymdtr519:20160614190738p:plain

「適用」を押したら確認ダイアログが出てきますので、「パーティション」をクリックします。

f:id:ymdtr519:20160614190847p:plain

 

「UniBeast」という、インストールUSBを作成するソフトを使います。

下記のサイトから、UniBeastをダウンロードして下さい。(会員登録が必要となります)

www.tonymacx86.com

UniBeastのガイドに従って、インストールUSBメモリを作成します。

ここで作成したインストールUSBメモリをそのままX220に挿して起動しても途中でエラーが出てインストールできません。X220で動作させるためのファイルをインストールUSBに入れてあげる必要があります。

下記のサイトから、「ThinkPad x220 El Capitan Utility and Kext pack.zip」をダウンロードして、解凍します。

www.mediafire.com

このzipファイルを解凍すると出てくるファイルをインストールUSBメモリにセットすればよいのですが、そのためにまずはインストールUSBメモリEFIパーティションをマウントします。

ターミナルを開いて以下のコマンドを入力します。

diskutil list 

接続されているドライブとパーティションの一覧が表示されます。容量とパーティション名を参考にインストールUSBメモリEFIパーティションの識別子を確認します。この例では「disk2s1」です。

f:id:ymdtr519:20160614202619p:plain

インストールUSBメモリEFIパーティションをマウントします。

diskutil mount /dev/[インストールUSBメモリEFIパーティションの識別子]

f:id:ymdtr519:20160614203212p:plain

インストールUSBメモリEFIパーティションがマウントされるとデスクトップ画面に表示されます。

f:id:ymdtr519:20160614203319p:plain

この「EFI」というフォルダに、「ThinkPad x220 El Capitan Utility and Kext pack」の中にある「EFI」フォルダの中身をコピーします。

f:id:ymdtr519:20160621104353p:plain

 

これでインストールUSBメモリの作成は完了です。USBメモリを取り出して下さい。